Jリーガージェイ・ボスロイドからメッセージをいただきました!

投稿日:

プロサッカー/ジェイ・ボスロイド(コンサドーレ札幌所属)
Jリーグ コンサドーレ札幌所属のジェイ・ボスロイド選手から、パープルデー大阪2018へメッセージとアンバサダーの申し出を頂きました。ジェイ選手、本当にありがとうございます!

僕が初めててんかんの発作を起こしたのは、たぶん16か17歳の頃だったと思う。当時所属していたアーセナルで午後にプレーをして、その頃はしょっちゅう出かけていたから、土曜日の夜は友達と会っていたよ。日曜日の夜も出かける予定があったから、その友達の家でビデオゲームをしてくつろいでいた。その日はしんどくて、ひどく疲れてたんだけど、若かったし友達と一緒にいて楽しみたかった。「プロ・エボリューション・サッカー」、日本では「ウィニングイレブン」と呼ばれてるゲームをしていたのを覚えてる。

突然意識がなくなり、その時は何が起きたのかはっきりとはわからなかった。友達が言うには僕は震えていて、口から泡を吹いていたそうだ。病院の医師は僕に「君はてんかんだ」と言った。そう言われて真っ先に僕が聞いたのは僕のサッカーのキャリアはダメになってしまうのだろうか?ということだった。医師は「そんなことはないよ」「多くのスポーツ選手や多くの人々がてんかんを持ちながら生活をしているけど、全然問題ないよ」と言ってくれた。その時から僕は心の中でてんかんを遠ざけ、何も起こらなかったかのように振舞ったんだ。友達には知られないですんだけど、発作は過去に何度か起きたよ。発作で家族をおびえさせたこともある。特に一度、息子の前でおきた時にはね

だけど僕はいつも物事を前向きにとらえる人間だし、心が暗くなるようなことは心の奥にしまいこんでそれに左右されないようにしてきた。僕はそんなふうにてんかんと付き合ってきたよ。

僕はてんかんは病気じゃなくて、体調の一種だと思っている。僕が君たち、若い人たちに言いたいのは、てんかんを恐れてはいけない、てんかんを話題にすることを怖がる必要はないということだ。てんかんを受け入れ、薬を服用しよう、そうすれば君はどこへでも行きたい所へ行けるんだ。生涯の夢をかなえることをあきらめてはいけない。僕はてんかんと共にある自分の人生をそうやって歩んできたよ。

この前(2017年11月3日)の発作は、幸いなことに練習場だったけど、僕がサッカーの競技場でおこした始めてのものだった。あれは僕が2日か3日、薬を飲み忘れたせいで起こったんだ。もちろん褒められたことじゃないけど、僕がてんかんをそのぐらい忘れかけてたってことなんだけどね。もちろん僕は子供も大人も、誰であっても毎日きちんと薬を飲まないことを勧めているんじゃないよ。ただ僕はプロのサッカー選手で、考えなきゃいけないことがたくさんあって、つい忘れちゃうことがあったんだ。特にあの頃、僕らはプレッシャーを感じてた。J1に踏みとどまるために、シーズンの最終盤で僕らは勝たなきゃいけなくて、僕が考えていたことは、ただ僕らのクラブを勝たせたいってことだけだった。自分の体のことなんて考えてなかった。それは無責任だったって思うし、今は毎日薬を飲んでるよ。これからもそうしたいと思う。何度も言うけど、てんかんは体調の一種であって、たとえ君がてんかんを持っていても、可能性は無限だ。自分を縛らないで。そして君がかなえられるはずの夢をあきらめないで。ありがとう。君たちに話せてよかったよ。

<原文>

I first realized that I have epilepsy when I was around 16 or 17 years old、

can’t really be precise on that. I remember that I played for Arsenal in the afternoon and I remember at the time I was going out quite a lot, so me and my friend meet on the Saturday night. And we planned to go out Sunday night as well, so we were just at my friend’s house Sunday night relaxing playing video games. And I remember feeling tired and a bit rundown, but you know at the time you were young you just want to be with your friend and enjoy. And I remember playing pro evolution soccer you guys call it winning eleven

And all of a sudden, I just blackout and I did not know what it was at the time honestly. My friend told me that I was shaking and I was frothing in the mouth and I think we went to the hospital and the doctor said that I’ve got epilepsy.

To be honest the first thing I said when I was told was is that going to affect my football career. And he said “No,” He said lots of athletes and lots of people live on epilepsy for their whole life and that you know it does not affect any kind of way shape of form. So, from that moment I just kind of put it back in my mind and go over it like it never happened almost. Obviously escape from my friends. and you know I had seizures in the past. That scared my family. And especially when my son sees me when I have one one time. But for me I’ve always been one of those people look at things in positive way and I try to put negative things back in my mind, don’t let them affect me.  And that’s what I’ve done with epilepsy.

I definitely don’t see epilepsy as a disease, it’s a condition. And I would say to  all the young people out there. Don’t be scared of it and don’t be afraid to talk about it, embrace it, take your medication and you can be wherever you wanna be. In your life don’t let so think, stop you achieving your dreams. And that’s how I’ve opt to my life with this condition. Last seizure I had it was the first time I ever had seizure within the football pitch, luckily on the training ground. But that was due to me not to take my medication for like two or three days. It just catches up to me.

It’s not ideal but that how much I put up back in my mind though. Of course, I’m not encouraging children, adults whoever not to take their tablets daily regularly. But for me I’m professional footballer. I’ve got a lot in my mind sometimes I just forget and these particular days we were under pressure. End of last season to stand the League and we needed to win and all I was thinking about was being successful for our football club. I was not thinking of my health. It was irresponsible of me but you know I take tablets every day. I want to be one day in the future but again epilepsy is a condition and you know sky is the limit even if you do have this condition.

Don’t limit yourself and don’t stop yourself from achieving what you can achieve your dreams. Thank you. Nice speaking to you

-NEWS

Copyright© パープルデイ大阪【PURPLE DAY OSAKA】 , 2018 AllRights Reserved.